恋愛・結婚・お金・・・30代独身男性のひとりごと、と料理。

33歳・独身男性。女の影なし。料理は好き。下手だけど。
当たり前の日常、世界とのチューニング。
「大人」になりそびれた男の、
「大人」への挑戦。ハッピーエンドを目指して。


ちなみに、URL変えました。

まさかの3ヶ月放置。いやー、忙しい忙しいゆーてたら、ホンマに忙しくなるもんやね。

気がつけば、このサイトへのアクセスも「メンジョイ」ばっか(笑)

メンジョイさんの記事をたくさん紹介しているうちに、
「メンジョイ」てワードで、結構集まってくれちゃってるみたいで。
メンジョイさん、かたじけないw

なんかね、O型を落とす攻略法は書いたけど、A型攻略法は書いてないんだけどさ。
なぜか、「A型攻略法」っていうワードで来てたりね。


知らない間にひっちゃかめっちゃか(笑)(#・∀・)ムカッ!! いや、嘘ですが。


ライブドアさん、サブドメインURL設定できたんだ。全然知らなかったわ。
というわけで、このブログ実は運営期間がまあまあ長いんだけど、URLを替えさせてもらった。

まあ、気分転換です。

新アドレスはコチラ(書いても意味ないか?)。
少女漫画ですらも、もう使わないであろう、直球URL(笑)。

いいんだよ、最近さあ、覚えやすいのじゃないと、ホントに無理なのだ( ;∀;)カナシイナー

http://want2love.ldblog.jp/

一応、インデックスしといてもらえばちがくない?そんなことないか。


今すぐ直したいデブの甘え7パターン | Menjoy! メンジョイ

ああ、なんて耳が痛いんだ。

イチゴのミルフィーユfot0020-054


クリスマス・忘年会シーズン寸前!今すぐ直したいデブの甘え7パターン | Menjoy! メンジョイ
クリスマス・忘年会シーズン寸前!今すぐ直したいデブの甘え7パターン

気づけばもう2011年もあと残りわずか。街もだんだん、クリスマスモードになってきていますよね。また、そろそろ忘年会のシーズンに突入します。そしてそのまま年末、年明けと続き、いつもよりも食べたり飲んだりしたりする機会が増え、「この季節は太ってもしょうがないんだよねぇ」とすでに“デブ予告ホームラン宣言”してる人はいませんか?



ダイエット。ダイエット、ダイエット。

ああ、今年はダイエットしなくていいや。
クリスマスに遊ぶ相手なんていないし。翌日仕事だし。

っていうか!今年クリスマス悪夢の3連休じゃん!

死ぬわw

と言いつつ、今実は結構自分なりにダイエットに挑戦中。
そして、何気に成功ちゅう。

何10キロ落とそうってわけじゃないんだけど、目標の脂肪率には近づいている。

その秘訣を、こっそり教えておこうか。

※あくまでも効果には個人差があります。健康を害するなよ。
※男女の差異もあるので、女性には女性な必要を補うように。鉄分とか、糖分も適度に。
※一応ね、始めてから3ヶ月ぐらいだけど、一回も体調崩してない。まあ、野菜死ぬほど食ってるからな。


33歳、再開の理由。

リニューアルしてみました。

header_reallife


めっちゃ画像はみ出してるね。


アドセンスを2年ぶりぐらいにいじって、
色々変わってて、マジ意味不明だったけど、
やっと表示されてくれたわ。

久しぶりに再開。その理由とは。

ちょっとこれから、ここの整理をしたいと思います。

元々はね、色々なスポーツ選手の言葉だったり、好きな格言というか名言を検討しようと思って、作ったのよ。


よく手帳の下とかに書いてある、あれ。
結構ふーん、っていうのがあったりするんだよね。

それとか、まさにリアルな生活を書き綴ろうと思っていて、
自分が想像していた29歳の生活とは、全然違ったんだよね。


で、結果4年も経過しておりまして。
ライブドアさんも色々ありつつ残ってよかったw

33歳、独身男のひとりごと、なわけですね。

歯科医。


長らく仕事に没頭するあまり、身体のメンテナンスを怠っていると、
こんな目にあうのだろう。

ほんっとーに歯が痛い。

毎日のように歯医者に通っている気がする。
それでも痛い。治療箇所は無数にある。

親知らずは虫歯になりやすいそうだが、大穴だらけで、
どこもかしこも治療中のままである。

その中でも、気になっていた部位を指摘し、様子を見てもらうと、
やはり大きな穴が開いていたらしい。

金属がかぶさっていたのだが、その金属の隙間やらなにやらから
いつの間にか侵食し、金属をはがしてみると、中身は一部
腐っていたという。確かにそこを開いたとたん、
口臭が酷いときのにおいが・・・。


それを削り出している途中の痛みというのは、・・・表現できない。

しかし不思議なもので、人前だと人間強くなる。汗だくで、身体を硬くしながらも、声は出さなかった。


とはいえ、本当の地獄はこれからだった。金属をはがしてクスリを塗り、セメントで応急処置をしてもらったものの、食事をして歯を磨くと一気に・・・来た。


それでも、患部をよく濯いだり、歯を磨けば、大体は収まるものだった。しかし今日は収まらない。実際の傷口が見えないから、痛みの逃がしようが無い。逃がしようの無い痛みというのは、人間理性を失う。ただうろうろ何分も歩いた。それでも痛みは引かない。眠ることに集中して、痛みを忘れようとするが、それでも痛みはなかなか引かない。

本当に痛くて眠れないということがあるんだ、と思った。

まだ痛む・・・。食後よりは若干落ち着いたとはいえ・・・。
しゃべる気も、食べる気も、何にも起きなかった。


そんな、痛みにあえぎ続けた一日を過ごしながら、
なんだか、自分自身に対する自分の行いが見えた気がした。

仕事だとか、いつでもいけるとか、怪しい医者だとか。
(実際今回の前の意思は、モデル並の女性助手ばかりをそろえた男性医で、何一つ言ったとおりにならなかったので、信頼していなかった。金属についてもやたらと使われ、しかも中々はまらなかったのを覚えている。そこが腐ってしまったことに、やりきれない怒りが・・・。)

なんだかんだ言い訳を探して、遠ざけていた自分のメンテナンス。一時的に痛くなったりしても、不思議と繁忙な業務の中では、忘れ去れてしまえるもので。


いいことばかり考えて、いいことが起こることばかりを期待して。中途半端に人を頼っては、自分でメンテナンスすることを怠り、気が付けば自分は「治療」するのに大きな痛みを伴うような存在になっていた。


それは、私の「心」についてもいえることなのかもしれない。一度傷ついた所は、人に見せずに心の中にしまい続けて、適切な処置を行わずに放置している。


その内、その患部を指摘されると、痛いの嫌だし恥ずかしいから、逆ギレして何とかしてみせることを避けようとする。そうすると、見せられるところがドンドン無くなって、しかも患部の傷は腐りだしていく。


人間には、そんな、人に見せずに来て腐らせてしまった「傷」が、沢山あるのかもしれない。



僕が腐らせてきた傷はなんだろう、と思う。失敗、といえるものだろう。きっとその傷は、腐ったままで僕の中に放置されている。思い出すのが嫌なのだ。人に見せるのが嫌なのだ。だからずっと、そのままになっている。


そんな傷を治してくれる、痛みを伴う名医はいるのだろうか。僕はどちらかというと、人の「傷」を直視させ、痛みを伴って治療してきた、「名医」だった。痛みを隠していては、やがて大きな傷になる。そんな思いで、自らの身を削って、人のために働いてきた。


僕が人のために働いてきた本当の理由は、自分の傷を見せたくないから、自分が痛い思いをしたくないから。そんな自分を見せたところで、たいていの人は「見たくない」という。自分も同じように「痛み」を感じるからだ。そんな風にして、自分を押し殺してきた。


昔、「あなたにとって恋愛とは?」というSNS上での質問に、「歯科医」と答えたことがある。


それは、「気が付かないうちに、じわじわ痛みが出てきて、気になってしょうがない虫歯になる。直せば気持ちいいし、幸せだけど、痛むのは怖いし、見せるのは恥ずかしい。だから、できるだけ何度も行きたくはないけど、絶対行かない、って訳に行かない、そんなもの」という意味だった。


うーん・・・。なかなか、いいんじゃないか?(笑)よく例えられている気がする。

僕がしばらく恋愛から離れていることも、もしかしたら長い間放置している、「虫歯」なのかもしれない。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Respect!
Recent Comments
  • ライブドアブログ
恋愛・結婚・お金・・・30代独身男性のひとりごと、と料理。